「30代童貞無職でも優しくされたい!」に注目集まる 男性主義とフェミニズム、どちらにも行き場がない男性たち

30代の男性が無職だと、世間の風当たりは強い。女性の場合「家事手伝い」などといって誤魔化す場合もあるが、男性は卒業したらすぐに就職し、一生働くものだという概念はまだまだ揺るぎない。そんな世の中に息苦しさ感じている人もいるだろう。(文:okei)

5月末、はてな匿名ブログに「30代童貞無職でも優しくされたい!」という記事が投稿され話題になっていた。仕事もなければ女性と交際経験もない場合、さらに世間は冷たくなると投稿者は感じているようだ。孤独感を募らせて、こう訴えている。

「ネットであれこれ議論されてるけど、結局どの思想や集団の旗の下に行けば30代で童貞で無職の俺は世の中に優しくしてもらえるの?」

「誰か俺に、俺たちに優しくしてくれ。ケアしてくれ」