「食事を作ったらすぐに食べてほしい」は妻のエゴなのか? 苛立つ女性に「ご主人は温かい夕飯にこだわっていない」の声

料理とは、愛情そのものだと思うことがよくある。真心込めて作るのは「おいしい」と喜ぶ相手の顔が見たいから。そのために妻は台所に立つ。

だからこそ、労力を無駄にするような食べ方をされると妻は悲しい。何を作っても反応せずただ黙々と食べる夫や、食べる前にいきなり自分好みの調味料を加えて味付けを変える夫。世の中には妻をゲンナリさせるそんな夫たちが少なくないようだ。

先日の発言小町にも、夫の食事の仕方について日々苛立っているという女性からの投稿があった。タイトルは「夕食をすぐに食べない夫」というもの。(文:みゆくらけん)

「ご主人、王様か何か?」「甘やかし過ぎ」