「中学受験」東京ならするべき? 地方出身の父親たちへ書かれた「東京には玉石混交の公立は存在しない」が物議

親にとって子どもの進路は最大の関心事です。ことに、中学受験をするかどうかは子どもの意志というより親が決めることがほとんどで、その決定が我が子の人生を左右すると思えば簡単には決められない問題でもあります。

6月11日、はてな匿名ダイアリーに投稿された「公立中学推しの地方出身父親の皆様へ」という投稿に驚いてしまいました。投稿者は子どもの中学受験を考える父親ですが、地方の公立中学校の生徒は「玉石混交」、対して東京は私立中学なら「玉のみ」、公立高校は「石ばかり」と持論を展開しています。(文:篠原みつき)

東京では「多くの場合、石ばかりが公立中学や高校に残る」