プレミアムフライデー、いつもの週末と違った人は1割以下 「家でゆっくり過ごした」が最多

プレミアムフライデーは2月24日に始まってから、これまでに計4回実施されてきたが、実際のところどの程度効果があったのだろうか。プレミアムフライデー推進協議会事務局は、6月26日に意識調査の結果を発表した。

「いつもより早く帰った(退社した)かどうかに関わらず、普段の金曜も含めた週末にはできない過ごし方ができましたか?」という質問には、64.5%の人が「過ごすことができなかった」と回答。「過ごすことができた」の7.6%を大きく上回った。

プレミアムフライデーよりノー残業デーと週休3日制を望む人が多い