「業務の標準化」「会議のルール化」――長時間労働の改善で、重要だと思っていても実施できていない施策が判明

労働時間を削減するために本当に重要な対策と、実際に取り組まれている対策にはズレがあるようだ。企業にストレスチェックなどを提供するアドバンテッジリスクマネジメントが長時間労働についての調査結果を7月19日に発表した。

最も多く実施されているのは「労働時間の集計/長時間労働が多い部署への勧告」