女性が活躍するために社会はどうすればいい?1位「保育の充実」――「同一労働同一賃金」という回答も

帝国データバンクは8月15日、「女性登用に対する企業の意識調査」の結果を発表した。女性管理職がいない企業は約半数の49.2%。女性管理職の割合は平均で6.9%であり、政府が掲げる「2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%」という目標には遠く及ばなかった。

調査は今年7月18日~31日、全国にある2万3767社を対象に実施。このうち1万93社から回答を得た。

「繊維・繊維製品・服飾品小売」では3人に1人が女性管理職