「機械翻訳」が急速に進歩する時代 働く人の「英語力」はどこまで必要になるのか?

人口減少に伴う内需縮小により、各社は海外市場への進出を積極化している。すでに売上比率の過半数を海外であげる大手企業も多いが、そうすると重要になるのは、海外の顧客や取引先とコミュニケーションをとるための「英語力」だ。

楽天やファーストリテイリングのように社内公用語を英語にしたり、入社や昇進の要件にTOEICの点数を設けたりする会社もある。しかし日常会話ならともかく、ビジネスを英語で行う際には不安になるのも自然だろう。テクノロジーの発達により「自動翻訳」のクオリティも上がっているが、働く人の「英語力」はどこまで必要になるのだろうか?

自動翻訳ソフトを導入する会社に歓迎の声