「そろそろ頑張らなきゃ」ニートの就活、どう始める? とりあえずハロワに行ってみるのもアリ

日本には「働かざる者食うべからず」という言葉があって、とにかく「なんにもしていない」人に厳しい。その人なりの事情があっても、無職の人を自他共にニートと呼ぶのはそういうところから来ているのだろう。

8月16日、鬱と海外留学で約4年ニートだったという人が、ガールズちゃんねるに「ニートの就活」というトピックを立てた。「そろそろ頑張らなきゃと思い」3社に応募。うち1社と面接予定で「心臓が飛び出そうです」と緊張しきりだが、

「約4年ニートのツケでなかなかうまくいきませんが、負けず折れないように頑張ります」

と意欲的である。(文:okei)

ニートの悩みとは「嫌でも働かないと…」金銭的に不安な日々