サイボウズの新聞広告「働き方改革に関するお詫び」が話題 プレ金を批判し「楽しいか楽しくないかが指標になるべき」と訴える

「働き方改革」が盛り上がっているが、その内容については、まだ議論の余地があるのかもしれない。サイボウズは9月13日、日本経済新聞の朝刊に「働き方改革に関するお詫び」という全面広告を掲載した。

新聞広告に先駆けて、同社は「働き方改革 楽しくないのはなぜだろう」という特設サイトも公開している。働き方改革を皮肉った短編アニメが公開されており、ネットで話題になっている。

「なんですか、そのありがた迷惑なプレミアムフライデーとやらは…」