SNS女子の7割「友人・恋人より自分が盛れている写真を投稿」 5人に1人は整形・メイクアプリを使用

コーセーは10月2日、イマドキ女子の「SNS投稿写真」に関する調査結果を発表した。調査は9月14~15日にインターネットで実施。インスタグラム・フェイスブック・ツイッターいずれかのアカウントを持ち、友人や恋人と撮影した写真を各SNSに投稿することがある20代女性500人から回答を得た。

「自分の写真写りが今一つだったのでSNS投稿を諦めた経験がある」と回答した人は74%。「友人・恋人より自分が”盛れている”写真を選んで投稿した経験がある」という人は65%と、約7割が友人・恋人より自分の写真写りを優先しがちな傾向があることが分かった。

また「友達や恋人に、自分が”盛れていない”写真を投稿された経験がある」は74%となった。

8割が「加工アプリで撮影」 陰の努力を感じさせる声も