徳島県、「社長輩出率」で3年連続1位になるも「手放しには喜べない」 一体なぜ?

東京商工リサーチは、「2016年全国社長の輩出率、地元率調査」の結果を10月3日に発表した。調査は、同社が持つ企業データベースから、経営者の出身地を集計した。人口あたりの何人社長が出ているかを示す「輩出率」は徳島県が1.36%と、3年連続で1位だった。

輩出率2位は山形県で1.28%。同県は同社が9月にまとめた「全国明治創業企業調査」で、明治時代に創業された企業の割合が1.9%と、全国平均の0.7%を大きく上回って1位になるなど、老舗企業の多さが特徴だ。3位以下は香川県(1.19%)、秋田県(1.16%)、愛媛県(1.04%)と続く。ここまでの順位は前年と変動がなかった。

社長輩出率は人口減少に苦慮する地域で高い傾向