【スーパー・コンビニ業界】働きやすい会社ランキング2017年 セブン・ファミマ・ローソン一番働きやすいのはどこか

キャリコネニュースでは、約100万人が登録する国内有数の転職口コミサイト「キャリコネ」のデータから業界別で「働きやすい会社ランキング2017年下半期版」を作成。今回はコンビニ・スーパーマーケットといった小売企業の働きやすさを比較、ランキング化した。

対象は2016年10月1日~2017年9月30日の期間に評価が10件以上寄せられた企業。コンビニ・スーパーは人手不足や物流費などのコスト増など業界的な問題も抱えており、近年は閉店や営業時間の短縮に追い込まれる店舗も出てきている。日常生活で非常に身近な業界だが、働く人にとって優しい企業はどこか。

ユーザーは、次の6つの選択項目をそれぞれ5点満点で評価している。

「労働時間の満足度」「仕事のやりがいを感じるか」
「ストレス度の低さ」「休日の満足度」
「給与の満足度」「企業のホワイト度(ブラック企業でないか)」

これら全項目の平均点が、その企業の働きやすさの指標となる。

1位:成城石井 平均3.09点
2位:イオンリテール 平均3.01点
2位:セブン-イレブン・ジャパン 平均3.01点
2位:ダイエー 平均3.01点
5位:イオン 平均2.99点
6位:ヨークベニマル 平均2.95点
7位:ファミリーマート 平均2.92点
8位:ローソン 平均2.85点
9位:イトーヨーカ堂 平均2.82点
10位:平和堂 平均2.77点

「小売り企業でこれだけ休みが取れる企業はなかなかないと思います」(イオンリテール)