ぼっち女子に朗報!女友達づくり専用アプリが登場 「合コンNG」「終電前に帰りたい」等の条件で友人を見つけよう | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

ぼっち女子に朗報!女友達づくり専用アプリが登場 「合コンNG」「終電前に帰りたい」等の条件で友人を見つけよう

行ってみたい場所はあるものの、ひとりで行くのは気が引ける。誰かと一緒に行きたくても誘える友人がいない――そんな女性にうってつけのアプリ「tipsys」がある。女友だちを作るためのアプリで、今年2017年3月にios版がリリースされたのに続き、9月7日からはアンドロイド版での配信が始まった。

9月5日時点でのダウンロード数は、iTunesのAppユニット数換算で東京が約1200件、関西が1100件ほど。ツイッターや口コミだけで広がった結果の数値だという。

同性相手でも性的なパートナー探しは規約違反でアカウント削除

同性の友達が欲しい!という切実な思いに応えてくれそうです

同性の友達が欲しい!という切実な思いに応えてくれそうです

恋愛対象の異性とのマッチングを目的にするアプリは数あれど、同性の友人作りに特化したものは珍しい。公式サイトには「tipsysは女友だちをつくるためのアプリです。同性相手であっても性的なパートナー探しは規約違反でアカウント削除対象となりますのでご注意下さい」との注意書きもあるほど、友達作りに特化したアプリであることを前面に打ち出している。

登録は20歳からでき、年齢の上限は無い。「誘って欲しい曜日」を指定できるほか、「合コンNG」「終電前に帰りたい」「5000円以内でも美味しい食事」などのタグで共通の好みや条件に合う相手を絞ることが可能だ。

行きたいエリアを指定することもできる。住処の近くを登録するもよし、行ってみたいお店のある地域でもよし、ライフスタイルに合わせて友人を探せるのも利点の1つだろう。

現在のサービス対象地域は、東京近郊と関西に限られている。広報担当者によると、関西版は「東京版がうらやましい」という声に応じてのリリースだったそうで、今後は「初期ユーザが十分な数集まる見込みがあれば」対応地域の拡大も検討するとのことだった。

自己紹介やタグで相手の好みを知ることができます(黒塗りは編集部による)

自己紹介やタグで相手の好みを知ることができます(黒塗りは編集部による)

ツイッターユーザーの呟きがきっかけ 制作・広報等は有志によるもの

同サービスを提供する一般社団法人リレーション研究所によると、サービスのきっかけになったのは2016年2月に同団体代表が見つけた、

「帰りコリドーにでも行きたいし未経験のナンパバーも行ってみたいんだけど行ってくれる相手がいない」

というツイッターの呟きだったそうだ。この呟きが数々の女性から共感を呼んでいるのを目の当たりにし、代表がツイッター上で開発の構想を話すと、興味を持ったデザイナーなどが集結。開発・ロゴデザイン・マーケティングなど、すべてツイッターで繋がった有志によって行われているという。

進学や就職・転職等で当該地域に移り住み、知り合いが出来ない人、元々同地域に住みつつも女友だちが少なく、どうしたらいいか分からないまま時間が過ぎた人にとっては、画期的なツールになるかも知れない。

※ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」と出典の明記をお願いします。

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る

 

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

人気記事ランキング

  1. 「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声
  2. 上司に出す印鑑は「左に傾ける」のがマナー? ネットは「狂ってる」「社畜魂だな」と大批判
  3. 社外の人の前で身内を「さん付け」はなぜダメ?「相対的に相手を下げるから」に納得できない人達
  4. なんでも否定から入る人って一体なんなの? 会話中に「でも」「いや」連発されてウンザリ
  5. 「免許9回落ちました。まだ諦めない方がいいですよね」という投稿に「諦めて」など意見集まる
  6. 東京で相次ぐ「コルク狩り」の背景 「ヤンキーにとってコルク半はステータス。よそ者がかぶっていると許せない」
  7. 「専業主婦の母親に働いて欲しかった?」という投稿に 「小さい頃は良かったけど世間ズレしていく」など反響相次ぐ
  8. 「勤勉な国は生産性が高いはず」 生産性本部会長のコメントに「勤勉にサービスしすぎるからダメなんだよ!」と専門家落胆
  9. 「マナーが良い喫煙者は非喫煙者の前でタバコを吸わない」に賛否 気を使いっぱなしの喫煙者が「気の毒」という声も
  10. 過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」

アーカイブ