「大人のインターン」手掛ける6団体が集結 籍を置いたまま他社に「留学」、インドで広告営業など

今後、自分の会社で働きながら他社でインターンをしたり、海外でインターンをしたりする人が増えていくかもしれない。人材会社や人事部の若手が作る有志団体「one HR」は10月30日、「大人のインターンサミット~人生100年時代の越境学習&社外活動のはじめ方~」というイベントを都内のオープンオフィスで開催した。

イベントでは、インターンやスタディツアーを提供する6社からそれぞれ1人が登壇し、自社のサービスを紹介。経済産業省からも、働き方改革を担当する産業人材政策室所属の田岡一樹さんが参加し、「大人のインターン」が求められる背景について説明した。

「社員が社外で経験を積むことで、新しい価値創造につながる」