なんとかして!物流業界の過酷労働 「11トンの積み下ろし1人で2時間」はドライバーの仕事ではない

10月31日放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)で、運輸業界の過酷な労働環境の一部が明かされ、ツイッターユーザーから厳しい批判が上がっていた。

政府は3月の「働き方改革実現会議」で、残業時間の上限規制を厳しくする方針を打ち出したが、運輸業界は人手不足の懸念から猶予期間が設けられることに。これに対してドライバーたちからは、「運輸業界だけ長時間労働やむを得ないではなく、同じレベルに考えていただきたい」と強い抗議の声が上がっている。(文:okei)

「積み降ろしはドライバーの仕事じゃない」