少女終末旅行、けものフレンズ… 「ヒトとは何なのか」を問い直す「終末モノ」アニメが密かなブームに

異世界転生、チート、ハーレム……こうした内容を扱った作品が近年書店に多く並んだり、アニメ化されたりしている。こういった作品は主人公だけが持つ能力によってファンタジー世界で無双するようなものが多く、主人公の「俺強え」、から「俺TUEEE」系と呼ばれることもある。

だが、こうした流行の影で、いまひそかに「終末モノ」がブームになっている。――そう感じさせる作品がある。現在、放映中のアニメ「少女終末旅行」だ。この作品は、2人の少女が「ケッテンクラート」と呼ばれるキャタピラー付き自動車に乗って、文明が崩壊した世界の巨大な廃墟都市を旅するというもの。旅する目的も、食料を求めたり、車の燃料を探したりといったものが主だ。

チトとユーリの会話で人間の内面に迫る「少女終末旅行」