未払い賃金の請求、5年に期間延長か 弁護士「支払い金額が嵩むのを恐れ、企業が残業削減に取り組む可能性」

未払い賃金を遡って請求できる期間を延長しようという動きが進んでいる。厚生労働省は、労働基準法を改正して、請求できる期間を2年から5年に延長することを検討しているという。11月19日、日本経済新聞が報じた。

厚労省の担当者は、キャリコネニュースに対して、「民法改正を受けて、労働基準法で定められている未払い賃金の請求期間などについて見直しを進める」と語った。

厚労省担当者「有給休暇の繰り越し期間も見直す予定」