深夜の「質問通告」で省庁職員は午前4時まで残業 「朝の2時、3時頃タクシーで帰宅する日々が続く」という人も

省庁職員の長時間労働につながるとして度々問題になっている「国会待機」だが、議員が質問を出す時間はなかなか早くならないようだ。公明党のいさ進一衆議院議員(42)は11月20日、

「例えば先日の文科委、野党の質問通告は明け方5時。それまで省庁は徹夜で待機です。本日の本会議、希望の党の質問通告はなんと、今日午前11時25分」

とツイッターで報告した。20日には13時から衆院本会議で代表質問が行われたが、希望の党の質問通告が午前11時過ぎだったというのだ。野党の質問通告のあまりの遅さに、「これで働き方改革や国会改革を語る資格はありません」と批判していた。

党によって「前日の何時までに出す」という努力義務が設けられているが……