「だんなデスノート」が必要な理由、勝間和代が「日本社会のゆがみ」と指摘 「離婚の自由があればこのノートは要らない」

「夫に今すぐ死んで欲しい。毎日思っている。」――など、夫への過激な悪口を吐き出すサイト「だんなデスノート」が書籍化された。11月21日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)が刊行にあたり物議を醸していると伝えたところ、経済評論家の勝間和代さんが

「この本が必要というところに、日本社会のゆがみがある」

などと指摘する場面があった。(文:okei)

「日本の女性は離婚すると3分の2が貧困になる」