「総合職であれば入社3年目で年収600万」 損保業界「働きやすい会社ランキング」2017

キャリコネニュースでは、約100万人が登録する国内有数の転職口コミサイト「キャリコネ」のデータから業界別で「働きやすい会社ランキング2017年下半期版」を作成した。今回は損害保険業界のランキングを発表する。

対象は、2016年10月1日~2017年9月30日の期間に評価が10件以上寄せられた企業。企業や個人に事故や災害による損害の保証を提供する損保各社だが、大手は運転支援技術などの普及による交通事故の減少や、自然災害などが少なかったことなどから、2017年3月期の連結純利益で揃って過去最高を更新した。今後は海外事業の拡大や、自動車保険の保険料引き下げが焦点となっている。

ユーザーは、次の6つの選択項目をそれぞれ5点満点で評価している。

「労働時間の満足度」「仕事のやりがいを感じるか」
「ストレス度の低さ」「休日の満足度」
「給与の満足度」「企業のホワイト度(ブラック企業でないか)」

これら全項目の平均点が、その企業の働きやすさの指標となる。

1位:東京海上日動火災保険 平均3.52点
2位:AIU損害保険 平均3.48点
3位:三井住友海上火災保険 平均3.14点
4位:損害保険ジャパン日本興和 平均3.02点 ※
5位:あいおいニッセイ同和損害保険 平均2.87点

※対象期間中、キャリコネの「損害保険ジャパン日本興和」ページよりも「損害保険ジャパン」の方に投稿が多く寄せられたため、そちらの評価・口コミを代用した。

東京海上日動火災保険の社員からは「会社全体として帰りやすい雰囲気」という声