ホリエモン、井筒監督を「人間として最低」と批判 「新しい産業を『虚業』といってバカにするのは簡単」

11月24日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で実業家のホリエモンこと堀江貴文さん(44)が、映画監督の井筒和幸さん(64)について「こういう人、大嫌い!」とコメントして話題になっている。

井筒さんは『岸和田少年愚連隊』『パッチギ!』などの作品で知られ、現在、日刊ゲンダイでコラムを連載している。

同日に掲載されたコラムで、昨今の映画について「新しい才能を持った映画俳優が現れないのは、作る側は興行界の言うまま売れ線キャスティングしかせず、新人を磨いてやろうという監督もいないから」「虚業が増えて生産業が絶滅しそう」などと批判した。

「評論家としての井筒監督は最低だけど、彼の映画はいい」