勝間和代の発言まとめ 嫌な上司は「同僚と結託してどかす」妊娠議員への批判は「まさしくいじめ」とばっさり

経済評論家の勝間和代さんは、TOKYO MXのバラエティ番組「バラいろダンディ」に火曜日のコメンテーターとして出演している。数多くの「カツマー(勝間さんに憧れる人)」を生み、一世を風靡した彼女の意見にはやはり人を惹きつけるものがある。

例えば、2017年9月12日の放送では、ネット上の「銀行でもらったタオルを使い続ける友人」に関する投稿が議論になった。投稿者は友人を指し、実家は裕福だが「多分成金」と貶すような発言をしていた。

この投稿には多くの批判が集まったが、勝間さんも「本物の金持ちはまったく無駄遣いしない」と述べる。勝間さんが中学から大学まで過ごした慶應義塾は、裕福な家庭の子どもが多く通うイメージが強い。実際、幼稚舎(小学校)から通う子たちは「死ぬほど金持ち」な家庭だったそうだ。

勝間さん曰く、裕福な家庭には「金持ちのしつけ」があるという。金持ちであることをひけらかしてはいけない、先祖代々受け継いだものを次の代にも大事に伝えなくてはいけない、などの内容らしい。勝間さん自身も無駄遣いは「大っ嫌い」で、シャンプーも残量が少なくなると水で薄めて使うのだとか。【→詳しく見る】

害になる上司がいたら、同僚と結託して追い出すか逃げる!