【日馬富士問題】武井壮、「失礼だからぶん殴っていい」という文化を批判 「いつまで経ってもスポーツバカと言われる」

連日マスコミを賑わせている大相撲の暴行報道。横綱・日馬富士は11月29日、平幕・貴ノ岩を暴行した責任を取り引退し、記者会見を行った。

暴行の発端のひとつとして「貴ノ岩が説教中にスマホをいじろうとした」ことなどが挙げられている。しかしタレントの武井壮さん(44)が28日、ツイッターで、「どんな事があろうと失礼だろうと人が人を殴るって事の方が良くないなんて当たり前」とツイートし、話題になっている。

「失礼なことは失礼だと教えること。暴力制裁をしていい権利は誰にもない」