賃貸物件の酷すぎるエピソード 「カビが生えるスピードが異常」「隣の部屋の目覚まし時計で起きる」

賃貸物件の防音性や日当たりについては実際に住んでみないとわからないことも多い。引っ越しにはお金も手間暇も掛かるため、一度「外れ物件」に引っ越してしまうと、しばらくは残念な部屋に住み続けることになる。

ガールズちゃんねるには今年8月、「酷かった賃貸住宅」というスレッドが立った。スレ主は当時のことを次のように綴った。

「会社借り上げの住宅が隣との仕切りが ベニヤ板一枚。同期で仲良かったからまだ良かったけど空腹でお腹鳴っちゃうのまでまる聞こえでした」

隣室や上階から生活音が丸聞こえでプライバシーゼロ