「いい生活のためには子どもが欠かせない」と考える日本人は3割 「幸せな結婚生活」も6割近くが必須ではないと受け止めている模様

GfKジャパンは12月15日、理想的な生活に求めるものの意識調査結果を発表した。調査は今年夏に、世界17か国の、15歳以上の2万3000人を対象に実施。いい生活、理想的な生活に欠かせない要素は何か、複数回答で聞いた。

17か国全体では、1位が「健康」(78%)、2位が「経済的安定」(70%)、3位が「自由な時間」(68%)で、「幸せな結婚生活」や「旅行」が続いた。全体の結果では、1位から5位まで全てが50%以上から支持されていた。

日本では他国より、「精神的な充実」が「良い生活」に欠かせないと認知されている