経団連会長「副業推奨できない」に批判殺到 「それならもっと賃金出せ」「もう社畜の時代じゃない」

経団連の榊原会長は12月18日の記者会見で、副業・兼業について「旗振り役をする立場にはない」と、推奨しない立場を明らかにした。これをNHKが伝えると、この発言に反感を覚えた人たちから「じゃあ給料上げろよ」など、ネットで多くの批判が上がっている。(文:okei)

政府は「働き方改革」において副業・兼業の普及を目指しているが、経団連の姿勢は一貫して消極的だ。2015年の政府調査では、副業を認めている企業は15%程度。最近の民間調査では中堅企業の約33%が認めているとの結果もあるが、大企業では取り組みが遅れているという。

「やりたくて副業してるわけじゃないだろ。コストカットしといて何を言う」