【家電量販店】働きやすい会社ランキング 業界最大手ヤマダ電機は3位 「業界では珍しい半期毎の休暇制度あり」という声

キャリコネニュースでは、約100万人が登録する国内有数の転職口コミサイト「キャリコネ」のデータから業界別で「働きやすい会社ランキング2018」を作成した。今回は家電量販店のランキングを発表する。

対象は、2016年10月1日~2017年9月30日の期間に評価が10件以上寄せられた企業。郊外の幹線道路沿いに展開する企業と、主要駅前にそれ以上の大型店を構え”駅前カメラ系”と呼ばれる企業に大別される家電量販店は、低価格販売と幅広い品揃えでメーカー系列販売店からシェアを奪ってきた。過度な安売り競争もひと段落し、粗利益率は改善しつつあり、09年に始まった家電エコポイント制度や11年の地上デジタル放送移行時に購入された家電製品の買い替え需要が今後本格化すると見込み。住宅や非家電製品などを拡充するなど差異化を図る。

ユーザーは、次の6つの選択項目をそれぞれ5点満点で評価している。

「労働時間の満足度」「仕事のやりがいを感じるか」
「ストレス度の低さ」「休日の満足度」
「給与の満足度」「企業のホワイト度(ブラック企業でないか)」

これら全項目の平均点が、その企業の働きやすさの指標となる。

1位:アイ・ティー・エックス 平均3.01点
2位:キタムラ 平均2.99点
3位:ヤマダ電機 平均2.80点
4位:ビックカメラ 平均2.61点
5位:ノジマ 平均2.52点

アイ・ティー・エックスの社員「全体的に物腰の柔らかい人たちが多い」

1位:アイ・ティー・エックス