【悲報】若者の「夢」離れが深刻 将来の夢がある新成人は54.4%で過去最低、日本の政治に「期待できない」も8割

2018年1月に成人式を迎える全国の新成人500人のうち、「将来の夢がある」と答えたのは54.4%に留まるという。「今のところない」は37.8%、「わからない」は7.8%だった。マクロミルが12月28日に発表した「2018年 新成人に関する調査」で明らかになった。

「将来の夢がある」と回答した新成人の割合は、2012年の64.8%をピークに減少傾向にある。2018年新成人の54.4%は、2008年に調査を開始して以来、過去最低だ。

日本の未来は「明るいと思う」は34.4%に留まる