「世界一のクリスマスツリー」プロジェクト終了 西畠氏「1本の木に感情移入してもらい、喜んでもらえたことが全て」

たびたび話題になった兵庫県の神戸メリケンパークに世界一大きなクリスマスツリーを立てる「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT~輝け、いのちの樹。~」が12月26日、クロージングセレモニーを開催し、終了した。

同プロジェクトは30メートルのあすなろの生木を富山県氷見市から同所に運び、震災の鎮魂、また復興・再生の象徴としてツリーを立てるというもの。イベントの開催は今月2日からで、来場者数は141万人を記録した。

氷見市市長「放っておけば人知れず木材として切りだされてしまった木だった」