新成人の3人に1人は恋人がいることが判明! 交際経験ありも6割を超え、「草食化」の進展は終了?

若者の「恋愛離れ」に歯止めがかかったようだ。2018年に成人式を迎える新成人600人のうち「これまでに交際経験がある」と答えた人の割合は昨年の59%から62%にまで上昇。男性では54.3%から55.3%に、女性では63.7%から68.7%に増加した。楽天オーネットが1月4日に発表した「恋愛・結婚に関する意識調」で明らかになった。

恋人がいる人の割合が増加

恋人がいる人の割合が増加

「現在、交際している人がいる」と答えた人の割合も全体で30.7%から31.5%にまで増加している。恋人がいると答えた人の割合は、1996年の50.0%をピークに下降を続け、2011年には23.0%に。その後は上昇傾向が続き、2014~2018年は5年連続で増加を続けている。

「交際相手がほしい」も2015年の62.6%から76.5%にまで上昇