不倫しても渡辺謙は大河出演・斉藤由貴は降板、ベッキーはタイキック 「男性は不倫してもすぐ表舞台に戻れる」男女格差また露わに

タレントの不倫が度々話題になるなか、女性ばかりが非難され、男性は大目に見られていると感じている人も少なくないようだ。1月7日に始まったNHK大河ドラマ「西郷どん」でも、斎藤由貴さんが不倫騒動で降板となった一方、渡辺謙さんは島津斉彬という重要な役を予定通り演じた。そのため、

「男性芸能人は不倫しても何事もなかったかのようにすぐに表舞台に戻って来れるのに、女性芸能人は未だにバッシングを浴びるのか。渡辺謙は『西郷どん』に出られるのに、何故斉藤由貴は降板させられたのか」

とモヤモヤした人もいたようだ。

「禊と称したタイキックを受けるのはベッキーだけ。相手の男はだいたい無傷」