働く女性が最も優先したい時間1位「仕事時間」 「家族との時間」や「趣味」なども上位に

人材サービスを提供するビースタイルは1月10日、働く主婦層の「優先したい時間」に関する調査を発表した。調査は昨年11月にインターネットで実施し、同社運営の求人サイト「しゅふJOB」などの登録者である745人の女性から回答を得た。

2017年に優先した時間を聞くと、上位3つは順に「家事・育児・介護の時間」(49.5%)、「仕事時間」(43.5%)、「家族のコミュニケーション時間」(37.2%)。仕事や家族に関することで占められた。

昨年最も優先された「家事・育児・介護の時間」の今年の優先度は4位