「49時間ぶっ通しで働いて倒れた」「毎日23時までサービス残業」 労働相談センターに寄せられた「サービス残業怒りの声」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「49時間ぶっ通しで働いて倒れた」「毎日23時までサービス残業」 労働相談センターに寄せられた「サービス残業怒りの声」

長時間労働やサービス残業が働く人を疲弊させている。NPO法人労働相談センターでは、サイト内に「サービス残業怒りの声」という専用ページを設け、劣悪な労働環境に悩む働く人からの声を掲載している。ここ数か月に寄せられた相談をいくつか紹介する。

タイムカードを打刻して残業 上司は「残業するほどの仕事を与えてはいない」

早く帰りたい……!

早く帰りたい……!

新潟県で営業職に従事する男性は、毎日23時までサービス残業するうえ、土日祝日も出勤する生活を送っている。交通費の支給すらなく、忙しい時には食事すら摂れない。そのため、やつれていき、家庭不和の状況だという。募集要項では、勤務時間は7時半~16時15分、交通費上限無し・残業月30時間・休憩45分だったというから、完全に求人詐欺だ。

島根県で製造業に従事する女性は、始業時間前から仕事をし、休憩時間に稼働することもあるという。ひどい時は、終業まで休憩がないこともある。会社には何度も労基署が入っているが改善されることはなく、上役は業務についての教育は毎日行うが、就業規則についての教育は一切行わないため、女性は

「知らなければいくらでもこき使えると思っている考え方を、どうにかしてほしいです」

と切実に訴える。

また兵庫県で技術職として働く女性は、残業申請をしても許可がおりず、定時でタイムカードを打刻し、やむなくサービス残業をしている。上司からは「残業をしなくてはならないほどの仕事を与えてはいない」と言われ、残業ができない状況にある。しかし業務が滞った際には、「給料もらって雇ってもらっているのだからちゃんと働けよ」「その歳でここを辞めていくところなんてないんだし」などの暴言を吐かれるという。

サービス業で働く人からはプレミアムフライデーへの批判の声

過労により心身の調子を崩してしまった人もいる。都内で印刷・出版関連の仕事をする男性は、終電時間近くまで仕事をする毎日を送る。終電を逃した場合、始発まで仕事をすることが「暗黙の圧力」になっているという。朝になっても帰宅させてもらえず、49時間ぶっ通しで働いた後に倒れ、最終的に精神状態が不安定になったという。

神奈川県の会社員男性からは、職場で疲労のため自殺者が出た状況が書かれている。それでも改善されず、皆は疲れており仕事の効率が悪い状況だという。男性は、

「(自殺者が出るような)状況がいかに異常なのかをなぜ分からないのか、理解に苦しみます」

と会社への怒りを綴る。

また、今年2月から始まったプレミアムフライデーについての不満も挙がっている。山形県で飲食店のアルバイトをする女性は、いつもよりも来店客が多く「精神的に辛くとってもとっても心配で仕方ない」と気持ちを吐露している。サービス業に従事する人は15時に退社することはできず不公平であり、

「プレミアムアングリーフライデーにならぬといいけど(中略)サービス業界に恩恵ないなら意味ない、続かないと思います」

と書いている。

寄せられた相談は、厚生労働省大臣あてにサービス残業反対の署名とコメントを提出される。サービス残業が当然の風潮が改善されることを願うばかりだ。

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 【モンスター新人】注意されたら先輩に無言でボディーブロー「周囲に取り押さえられ、その日のうちにご退職願いました」
  2. 「1週間の徹夜は我慢しろ」「死ねクズ」 ブラック企業体験イベントで、どれだけ罵倒されても「この会社にいたい」と思った話
  3. 驚愕!ブラック企業体験談「有休を取るのは人が死んだとき」「1週間トラックで生活。睡眠時間1~2時間でした」
  4. ブラック企業の地獄のようなセクハラ「女性は身体を触られるのが当たり前。社員旅行では部屋に連れ込まれそうに」
  5. 受付なのにトイレ掃除をさせられて1か月で退職した女性 「新人が掃除するのが当たり前、と説教されました」
  6. 35歳、年収500万で「人生詰んだ」と嘆く人にツッコミ多数 「平均かそれより恵まれてるだろ」「非正規の存在を忘れずに」
  7. 離職率が高い会社の特徴「低賃金より人間関係で辞める人がほとんど」
  8. ケーキ屋を2日で辞めた女性「ゴミ箱のフタをあけたら“大きなゴキブリ”。心が折れました」
  9. "女だから"職場で受けた理不尽すぎるハラスメント「普通は産休取らないでしょ」「流産して上司に怒られる」
  10. 「県庁の元外部ベンダーです。人を人と見ていない公務員が多すぎます」IT企業で働く男性の退職エピソード

アーカイブ