「地方都市暮らしが一番幸福度高そう」という見方 確かにその通りだけどデメリットは「若者の遊び場がない」こと

僕は田舎の出身なので、基本的に街に駅員さんがいて、自動改札もある駅を見るだけで「あ、ここは都会だ」と思ってしまうところがある。もっといえばイオンさえあれば、もう最高で申し分がないと感じる。(文:松本ミゾレ)

これまで小田原、横須賀、福岡、新潟と住む場所を転々としてきたが、いずれの街も僕にとっては非常に住みよい都市だった。逆に都内で暮らしたときには、夜にうるさくて外は明るかったのがダメで、早々に撤退してしまった。同じことを経験した田舎者は、きっと他にもいることだろう。

僕のような人間にしてみれば、都会暮らしはあまり素敵なものではない。むしろ程々に栄えているような、地方都市辺りがちょうどいい。

「仙台は楽天とパチンコ以外に娯楽がない」「普通になんもないし雨がうるさいぞ」という反論も