「たくさんお金を落としたオタクが偉い」風潮ってどうなの? かけた金額が思いの強さとは言い切れない

オタクにとってつくづく良い時代になったものである。僕は特撮フィギュアオタクだが、長年、立体化されるのはヒーローばかりで、ガレージキットを除けば怪人・怪獣なんてチープトイの範疇を出ないものばかりであった。

ところが今は、受注生産が主流とはいえ、「ウルトラマン」の怪獣やら「仮面ライダー」の大幹部やらが販売されるようになった。1体5000円はするが、出来も良いので見逃せない。

オタク活動に出費は付きものだ。しかし中には、出費額の多寡がオタク内での地位を決める、みたいな勘違いをしてしまう人もいる。

「限定版持ってないとニワカ」「数万円すら使ってない奴はお呼びでない」とマウンティングする古参