花粉症患者数1位「群馬」、僅差で「山梨」「滋賀」 シーズン突入目前、そろそろ対策を始めるべき?

マクロミルは1月16日、花粉症患者に関する調査結果を発表した。調査は昨年12月から今年1月にかけてインターネットで実施し、20~69歳の男女2万人から回答を得た。

花粉症を発症しているのは39.5%で、そのうち「スギ花粉」(68.2%)が原因だと答えた人が最も多く、以降、「ヒノキ」(35.3%)、「ブタクサ」(25.0%)、「イネ」(15.9%)などが続く。

マスクや薬の他、「ヨーグルト」での対策も人気 ただし効果は……