「明るい人こそ心に闇がある」って正しいの? 24時間笑顔の人なんていない、適当にレッテルを貼っているだけでは

人は心ならずも、自分の本心とは正反対の行動をすることがある。大なり小なり、自分の意の反した言動をするのは、どうにも心苦しいものだけど、状況が本音の吐露を許さないことなんて、社会じゃ珍しくもない。

たとえば、プライベートで非常に辛いことがあっても出社をしなければいけない。それがもしも営業系の仕事なら最悪だ。まさしく顔で笑って心で泣くことになってしまう。(文:松本ミゾレ)

「明るく振る舞うことで自分を守ってるんだよ」