泰明小のアルマーニ制服が国会でも取り上げられる 麻生財務相「一人だけ買えない人が出ると難しいかなとは感じる」

中央区銀座にある区立泰明小学校の新しい標準服が波紋を広げている。今年4月に入学する新1年生から、イタリアの高級服飾ブランド、アルマーニ社がデザイン監修した標準服を着用するというものだ。

これまでの標準服は、男子が約1万7000円、女子が約1万9000円だったが、新しい価格は約2倍になる予定だという。全てそろえると8万円~9万円になる見込みだ。

2月8日にハフポスト日本版が「公立小でアルマーニの制服」として取り上げ、ネットでは「公立なのに高すぎる」などと批判が噴出していた。同日の国会でも希望の党の寺田学議員が話題に出し、麻生太郎財務相と林芳正文科相に意見を求める一幕があった。

麻生氏、かつて泰明小を潰そうとして地元の卒業生から猛反対を受けていた