MIT、オンライン講義と最終試験だけで大学院進学の門戸開く 「従来の高等教育へのアクセス方法を崩壊させる可能性」

アメリカの大学院に進学するためには、勉強だけでなく高額の学費を工面したりと準備が大変なイメージがある。しかしマサチューセッツ工科大学(MIT)が新設した「Micro Masters(マイクロマスターズ)」という制度によって、敷居が下がりそうだ。

同制度では、オンラインで数か月間講義を受講してから、テストセンターで最終試験を受ける。センターは全世界にあるが、日本では東京、大阪と福岡の3か所にある。

試験を受けるときには世帯年収に応じて100ドル(約1万800円)から1000ドル(約10万8000円)が掛かる。専攻によっては5~8科目ほどのテストを受けなければならないため、必要な費用は500~8000ドルということだ。

「まさかMITに行けるとは思っていなかった人たちにも来てほしい」