フリマアプリのトラブル、5年で20倍に 「商品が偽物だったのに返品に応じてもらえなかった」という例も

個人同士で物やサービスを売買するC2Cサービスの隆盛が著しい。市場拡大の一方で、トラブルも相次いでいる。

国民生活センターは2月22日、全国の消費生活センターに寄せられる、フリマサービスの相談件数を発表した。2012年度は173件だったものが、2016年度には2917件まで増えている。2017年度は、1月31日の時点で既に3330件に到達。2012年度の20倍になる計算だ。

購入者から「バッグを査定に出したが値が付かなかった。返品したい」と無茶ぶりも