「3月は不倫や浮気が始まりやすい」探偵事務所が人員強化で対応 「人間も暖かくなるにつれ活動的になる」

浮気調査などを行う原一探偵事務所は、3月を「不倫・浮気調査強化月間」とし、電話相談員や調査員を20人ほど増員して浮気・不倫の調査に取り組む。電話相談員は現在20人ほどいるが、今回の人員強化で約10人増やす。調査員は全国各地の拠点に、正社員・契約社員合わせ100人~150人程度で、こちらも全国で合わせて約10人増やす。

増員の理由は、過去の調査から「3月は、現在進行形の不倫・浮気カップルにとってはもちろん、これから不倫・浮気に発展するきっかけとなる月」と分かってきたためだ。事務所担当者の話では、3月4月の不倫・浮気関連の相談は他の月より2割多いという。この時期に相談が増える背景を、

「ホワイトデーや人事異動といったイベントが多いことが1つにあります。また、人間も動物なのでしょうか、暖かくなると活動しやすくなり、そういうことに積極的になっていくためではないでしょうか」

と分析している。

「経済状況の悪化で遊びの不倫・浮気が減り、本気にならざるを得ないケースが増えてきた」