名古屋市の小学校、部活廃止でフィフィ「教員の負担軽減は理解しつつ、スポーツは金持ちだけのモノにならないよう考えなければ」

教員の過重労働が問題になる中、名古屋市は、現在すべての市立小学校で実施している部活動を2020年度限りで廃止する。21年度以降は、教員が携わらない形で運営できるよう、民間の力を借りるなども検討しているという。朝日新聞などが報じている。

名古屋市では、すべての市立小学校261校に運動系・文化系の部活があり、教員が顧問を務める。顧問を引き受けるかどうかは教員の自主性に任されていると言うが、半ば強制的にやらされているのが実態だ。

今回の方針決定は、教員の働き方改革を進める上で大きな一歩になるだろう。「全国の中学高校にも広めよう。教師に無賃労働を強いるの良くない」と歓迎する声の一方で、一部からは「子どもの経験格差が広がる」と懸念する声も上がっている。

「わざわざ教室に通いに行かないですむ部活は、興味を持ったことに気軽に挑戦できていいと思うけど……」