「百合展」マルイ池袋店での開催中止は「東京五輪に向けた表現規制」? マルイに理由を聞いた

マルイ池袋店で3月17日から開催予定だった「百合展2018」が、急遽中止になった。12日に百合展ホームページに掲載された文書によると、展示そのものは会場を変えて開催できるよう調整中で、東京以外の大阪、福岡での開催は、予定通り行うとしている。

百合展は、女性同士の恋愛や友情を意味する「百合」をテーマにしたイベント。百合をテーマにした作品を作るイラストレーターや漫画家、写真家などが参加し、「表現方法にとらわれず、百合の魅力を多くの方にお伝えする」ことを目的にしている。2016年から開催されていて、今年で3回目になる。

マルイ池袋店では先日、3月9日から開催予定だった「ふともも写真の世界展 2018 in 池袋」を中止にしたばかりだ。百合展も、前回・前々回の会場はマルイ池袋店だった。馴染みの場所での開催が急に取りやめになったことと「ふともも写真展」の一件から、ネットでは「マルイがオリンピックに向けて自主的に表現規制に踏み切ったのでは」と推測する声も出ている。

「直前に中止した展示と、一部内容が重なるものを開催するのはどうなのか考えた結果」