東京都「花粉マップ」で皇居周辺だけ濃度が低い謎 一体なぜ?管轄部署に聞いてみた

東京都の「とうきょう花粉ネット」がにわかに注目を集めている。都内各所のスギやヒノキの花粉濃度データを1時間ごとに掲載しているものだが、3月15日の朝8時の濃度具合を見ると、都内全域で軒並み高濃度の花粉が計測されている一方、皇居周辺だけは花粉の濃度が低くなっているのだ。

マップに気づいた人からは「なんで?どういう仕組なの?」「皇居は何かに守られている」など不思議がる声が出ていたが、実際にどういった理由があるのだろうか。東京都の健康危機管理情報課の担当者に取材したところ、意外な答えが返ってきた。

「はっきりした理由はわからないが、単純に計測機器の誤差ではないか」

午後のデータでは小平市周辺を除きすべての地域で高濃度の花粉検出