東急電鉄がオフピーク通勤で新キャンペーン開始 早起きで貯めたポイントが子どもの学習支援に貢献

東急電鉄は、三日坊主防止アプリ「みんチャレ」を運営するエーテンラボと共同でキャンペーンを行う。実施期間は4月1日から6月30日まで。

「みんチャレ」は、新しい習慣を身につけたい利用者が、「早起き」や 「ダイエット」などのテーマに基づくグループ共通目的を立て、5人1組で取り組むアプリ。利用者相互で励まし合うことで目標達成を促す他、アプリ内スタンプや社会貢献活動に使用できる通貨「みんチャレコイン」を獲得できる仕組みだ。

神奈川県の調査によると、東急線の朝のラッシュ時の混雑率は、東横線の祐天寺~中目黒間が163%、田園都市線の池尻大橋~渋谷が184%に上っている。混雑率緩和のため、以前からピーク時を避けた乗車「オフピーク通勤」を呼びかけているが、今回のキャンペーンもその一環だ。

「グッチョイクーポン」第4弾も平行して実施