中原淳一の限定人形買い占め騒動、背景に「中国での日本ドール人気」 「SNSでドールファンの裾野が広がっている」

購入は1人2体まで、100体限定販売だった人形が、1人の男性によってすべて買い占められる騒動が起きた。人形はボークス社(京都府京都市)が販売する「スーパードルフィー」シリーズの1つ「ロリーナ」で、今回販売されたものは、イラストレーターの故・中原淳一さんの少女画をモデルにした特別版だった。京都高島屋で3月31日に発売されたが、当日中に売り切れた。

この騒動を受け、故・中原淳一さんのツイッター公式アカウントは4月2日、謝罪のツイートを投稿した。本来非がないはずの原画作者関係者までもが対応に追われた形だ。

「受注会の件では皆様にご心配、ご心痛をおかけし大変申し訳なく思っております。現在髙島屋さまが今後の対策を協議されております。決定次第弊社HPでもお知らせ致します。今しばらくお待ち頂けますよう、お願い申し上げます」

ネットでは、買い占めは転売目的ではないかという指摘が広がっている。今回の事態について、人形や美術品・レトロ雑貨の”鑑定士”である池田久美さんは、「買い占めは純粋な人形愛を踏みにじる行為だ」と残念がる。

「購入者は中国の富裕層に、2~3割上乗せして転売できると見越していた可能性」