「LGBTかどうかに限らず、子どもたちが自分で制服を選べることが大事」中学校で広がる制服選択制、当事者はどう見るか

着用する制服の種類を選べる学校が増えてきた。4月に開校した千葉県柏市立柏の葉中学校は、入学予定の児童や保護者らの話し合いで、リボン・ネクタイ、スカート・スラックスを、性別に関わらず自由に選択できる。

沖縄県の浦添高校もこの4月から、性別によらず好きな制服を注文できるようにした。東京都世田谷区では、すべての区立中学で制服選択制を導入するか現在検討中だという。

背景には、LGBTなど多様な性自認への理解が進んだことがある。LGBTの支援団体「虹色ダイバーシティ」で理事を務める五十嵐ゆりさんは、こうした流れを

「LGBT等性的マイノリティの生徒への配慮という理由で導入されるといった報道がありますが、そもそも、子どもたちが自分で制服を選択できるようになったことがとても良いと思います」

と語る。

教職員のLGBTへの理解が懸念事項「先生・職員への研修も大事になると思う」