「留年は、財産だ。」大手広告代理店で”留年採用”実施 学歴不問、29歳まで応募可能

留年、したことありますか?

留年、したことありますか?

大手広告代理店の東急エージェンシーは4月4日、「留年採用」を開始した。対象は2019年4月に入社可能で、浪人・休学を含め何らかの理由で留年した29歳以下の男女。最終学歴、既卒、中退などは一切問わない。

これまで留年は、一般的な就活シーンではネガティブなものと捉えられてきた。しかし公式サイトには「留年は、財産だ。」というキャッチコピーのもと、「留年をした人は”やりきった人”が多いはず」という文章が掲載されている。

「まわり道してでも挑戦し、何かを夢中になってやりとげた。結果としての留年であれば、それはじぶんだけの魅力になり、武器へと変わっている可能性が高い。そんな他の人にはないオリジナリティある経験をされた方とじっくり向き合いたいと考え、東急エージェンシーでは留年採用をはじめました」

「惰性じゃなくて、『夢中になれるものがあったから留年しちゃった』ものはいいよね」