働き方改革を進める「味の素」のホワイトぶり 「有休とは別に子供看護休暇」「非常にのんびりと働ける」

「働き方改革」が叫ばれる中、日本の労働環境はブラック企業の話題に事欠かない。その一方で、ホワイトな労働環境として知られる有名企業も少なからず存在する。キャリコネにも、ホワイト企業の貴重な口コミ情報が数多く寄せられている。

今回取り上げるのは、調味料の国内最大手である味の素。加工食品業界では国内トップの1兆円を超える売上高を誇る。アミノ酸技術に強みを持つ同社の主力は「味の素」や冷凍食品の「ザ・チャーハン」など調味料・加工食品の製造販売だが、飲料や医薬品、バイオなど幅広く事業展開している。

本社は東京都中央区にあり、ヨーロッパやアジアなど海外法人を含めた連結従業員は3万2734人(2017年3月)。グループ製品を販売している国と地域は130を超え、海外売上高比率は5割を超える。

現在の加工食品業界は、時間短縮と簡便化、健康志向への高まりに対応した商品や、海外での成長が鍵となる。2017年の同社は、総菜調味料の「クックドゥ」シリーズなど、簡便な家庭調理のニーズを捉えて好調だった。

年収は「業界の中ではかなり高い」「労働量に対する対価としては非常に良い水準」