2019年卒の4月1日時点内定率が上昇 平均エントリー社数は前年下回り30社を切る

ディスコは4月6日、2019年3月卒業予定の大学3年生と理系の大学院修士課程1年生を対象にした、就職活動に関する調査の結果を発表した。調査は学部生・院生合わせて1140人が回答している。

就活解禁から1か月経った4月1日時点で、すでに18.8%の学生が内定を得ていることがわかった。過去数年の4月1日時点の内定率を見ると、就活のスケジュールが変わった16年卒が7.1%、17年卒が11.8%、18年卒が14.6%で、19年卒まで3年連続で上昇している。

内定を獲得しても8割以上は就活を続けている